旬の青果物

季節毎の旬な果物をご案内

いちご

いま、最もアツいフルーツといえば、「いちご」だと思います。
「さがほのか」「紅ほっぺ」「いばらキッス」「きらび香」「紅い雫」「古都華(ことか)」、「熊紅(ゆうべに)」……。近年、日本各地でブランドいちごが続々と誕生し、熾烈な「いちごバトル」が続いている。
産地はたいへんですが、消費者にとっては、より良いものが食ことができて、喜ばしいことです。
生のまま食べるのなら、冷蔵庫に入れ、なるべく早く食べてください。イチゴミルクやソースなど加工して使う予定であれば冷凍保存できます。その際、イチゴに対して5%から10%の量の砂糖をまぶして砂糖がなじんでから冷凍する事をお勧めします。そうすれば解凍してそのまま食べても美味しいですよ。
なるべく早く使いたい食材ですが、保存はヘタを取らずそのまま乾燥しないようにラップをかぶせ、冷蔵庫で保存します。 水洗いをすると、水っぽくなったり、痛みかけのものはずるけたようになってしまいます。洗うのは使う又は食べる直前で、ヘタを取らずに洗い、最後にヘタを取るようにします。

キウイフルーツ

輸入物をあわせると、通年安定して出荷されているので、あまり季節感を感じさせない果実のひとつですが糖度の高い物やレッドキウイなど国内で作られている付加価値の高いものには旬があります。そう言ったものは秋から冬にかけて収穫されています。
いくつかそう言ったものの収穫時期をあげておきます。年により天候などで前後するので、参考としてみてください。
静岡のレインボーレッドキウイ 9月下旬から11月末頃まで
香川県の香緑 11月初旬から12月初旬
愛媛県のレッドキウイ 10月中旬から12月初旬
ゼスプリの国内栽培(愛媛県と佐賀県) 11月初旬から12月中旬
固くまだ熟していないものはそのまま室内に置いておき、追熟させます。急ぐ場合はバナナやリンゴなど、エチレンガスを出す果物と一緒に袋に入れておくと早く熟します。
食べ頃になった物は乾燥しないようビニールやポリの袋に入れるなどして冷蔵庫で保存します。早めに食べるようにしましょう。

四季折々の旬な野菜をご案内

サクランボ

サクランボという名称は、もともと桜の実を指す「桜ん坊」からきたと言われています。正式には「桜桃(おうとう)」といいます。
指すは有史以前からヨーロッパ各地で自生していて、栽培も紀元前300年頃にはすでに行われていたようです。
日本では平安時代の書物「本草和名」に「桜桃」と記述されています。
これは中国のサクランボだと考えられています。
現在のようなサクランボが日本で栽培されるようになったのは明治時代初期のことです。アメリカやフランスなどの品種が導入され、それらが北海道や山形県などで定着。現在では山形県をはじめ青森県や山梨県などで栽培されています。

びわ

びわと言えば種ばかり大きくて食べるとことが少ない・・・なんて思いがちですが、意外に可食部分の割合は大きいんですよ。
★品種
 一般に出回っているもののほとんどは「茂木」か千葉の房州びわに代表される「田中」だった。今では「長崎早生」や「甘香」や「なつたより」や「涼峰」など新しい品種が次々と出荷されるようになってきました。
★枇杷は追熟しません
 枇杷はキウイやメロン、洋梨などのような追熟させて美味しくなる果物ではありません。買ったらすぐに食べるようにしましょう。また、非常にいたみやすいので、手に持つときもやさしく触るほうがいいです。
★保存方法
 先にもあげたようにビワは追熟しないので、保存するという考えは捨ててください。また、冷蔵庫など低温のもとでは痛みが早くなる果物の一つです。冷やすのは食べる寸前にし、それまでは冷暗所においておきましょう。冷暗所で2日程度と思ってください。
★扱い方
 皮は、底のほうから頭の軸に向かって剥くと、手で簡単に剥けます。

トマト

真っ赤なトマトには栄養がいっぱい。
その中でも今とくに注目されているのがリコピンと呼ばれるかカロテノイドの一種。
トマトの赤い色はこのリコピンの赤なんです。
このリコピンですが、生活習慣病予防や老化抑制にも効果があるとか。
もっともその研究は比較的最近はじめられたものでその未知のパワーの全容はすべて解明されているわけではありません。
しかし、今までの研究からさまざまなリコピンのパワーが解明されています。

PAGE TOP