旬の青果物

季節毎の旬な果物をご案内

利平栗

栗の王様 利平栗
「栗の王様」という異名を持っており、強い甘みや、ほどよい噛みごたえを感じることができる。渋皮がとても柔らかく食べやすいため、渋皮煮にするのも、お勧めです。
1個あたりのサイズも大きく人気のある品種だが、近年、利平栗の生産量は減少方向に向かっています。もともと栽培数が少ない品種で、1本の木に少量の栗しかできないため、生産量が悪く、ほかの品種の栗に比べて大量生産しにくい品種です。
確かに販売価格は、ほかの栗に比べて高いですが、それでも生産者は、割が合わないのと生産がむずかいのです。
そのため、利平栗のことを幻の栗とよんでいる人もいます。

キウイフルーツ

輸入物をあわせると、通年安定して出荷されているので、あまり季節感を感じさせない果実のひとつですが糖度の高い物やレッドキウイなど国内で作られている付加価値の高いものには旬があります。そう言ったものは秋から冬にかけて収穫されています。
いくつかそう言ったものの収穫時期をあげておきます。年により天候などで前後するので、参考としてみてください。
静岡のレインボーレッドキウイ 9月下旬から11月末頃まで
香川県の香緑 11月初旬から12月初旬
愛媛県のレッドキウイ 10月中旬から12月初旬
ゼスプリの国内栽培(愛媛県と佐賀県) 11月初旬から12月中旬
固くまだ熟していないものはそのまま室内に置いておき、追熟させます。急ぐ場合はバナナやリンゴなど、エチレンガスを出す果物と一緒に袋に入れておくと早く熟します。
食べ頃になった物は乾燥しないようビニールやポリの袋に入れるなどして冷蔵庫で保存します。早めに食べるようにしましょう。

四季折々の旬な野菜をご案内

紅まどんな

愛媛県のオリジナル品種「愛果28」、正式名称は「愛媛果試28号」といいます。「紅まどんな」は全農えひめの登録商標です。
この果実の特徴は何と言ってもそのゼリーのようなプルプル食感。柔らかい果肉に果汁たっぷり、酸味も少なく香りさわやかで、このような柑橘は、そうそうないとおもいます。
「紅まどんな」は外の皮が薄く、果肉にピッタリとくっいているのでオレンジのような櫛形にカットして、お召し上がりください。中の薄皮も薄く、そのまま食べても気になりません。
画像のようにスマイルカットにして食べてみてください。
出回り時期は、12月初めから12月20日ぐらいのほんの短い期間ですので、お店で見つけたら買ってみてください。
また、贈り物にも最適です。

柿は、古くから日本人に親しまれています。
歯ごたえの硬いものや、柔らかいものと人によって好みが分かれます。
柿は栄養が豊富に含んでおり、「柿が赤くなれば、医者が青くなる」と言われるほどの栄養価の高い健康食品です。
品種は、大きく分けて3つ。①渋柿(平核無、刀根早生等) ②不完全甘柿(西村早生) ③完全甘柿(富有柿等)
①渋柿・・・受粉しなくても実がなる柿。主に産地で渋抜きして売られます。
②不完全甘柿・・受粉して種ができることにより、渋が抜ける柿。この際、果肉は細かい黒い点が敷き詰められたようになります。この黒いつぶつぶは、タンニン(渋)がコーティングされたものです。
③完全甘柿・・・受粉に関係なく渋が抜ける柿です。

ご自宅の庭の柿の渋の取り方・・・焼酎を柿のヘタに軽く塗り付け、ポリ袋に入れて、常温で1週間ほど保存すると渋が抜けます。

保存方法は、水分の蒸発を防ぐことが必要。家庭ではポリ袋に入れて冷蔵庫の野菜室へ。
柿はヘタで呼吸をしているため、濡らしたティッシュをヘタにかぶせておくと熟度の進行を抑えることができます。
ヘタをキズつけたり、取り外さないようにすること

レンコン

レンコンの旬は11~2月。
おせち料理の時期に最も出荷量が増える。
秋口に収穫される「秋レンコン」は、やわらかくあっさりとした味わい。いっぽう冬物は粘りがでて、甘みが増す。
穴が小さくて薄茶色のものを選ぶと良い。茶色いシミのあるものは古く、白すぎるものは漂白されていることがあるため避けること。
レンコンには、豊富な食物繊維とビタミンC、ポリフェノールが多く含まれます。レンコンのポリフェノールは、食品の渋みやえぐみの素でもある「アク」と呼ばれ、空気に触れることで茶色く変わってしまう特徴があります。「アク」は栄養素であり、味わいでもある―-いわば“食材の個性”とも言えますね。
色や味にこだわるならアク抜きをして、栄養のためならアク抜きをしないことをお勧めします。また、収穫の時期にもよりますが、新鮮なものほど、アクは強くありません
アク抜きは簡単です。レンコン一節(約200g)に対し、水500ml・酢を小さじ1入れたものに5分程度さらします。なければレモン果汁でも代用できます。酢は、ムチンと組み合わさることで、シャキシャキとした歯ごたえがさらに増し、変色を防ぐ効果があります。ただ、アクの栄養分は水に溶けやすい性質があるので あまり時間を置かないように注意しましょう

PAGE TOP