旬の青果物

季節毎の旬な果物をご案内

すいか

暑い夏には、スイカが食べたくなりますよね。みなさん、スイカが野菜と果物のどちらかをご存知ですか?果物と思われている方が多いようですが、スイカは実は野菜なのです。
みなさんもご存知のようにスイカは、果物として利用をされることが多いことから、単なる「野菜」ではなく「果実的野菜」として扱われています。
つまり、スイカは野菜でもあり果物でもあるのです。
スイカの保存方法
常温保存
スイカは冷やしすぎると、甘みが落ちてしまいおいしさが半減します。そのため、切っていないスイカは、冷蔵庫で保存せず、常温で保存しましょう。 保存方法は、そのままの状態で、直射日光の当たらない、風通しの良い涼しい場所に置きましょう。丸のままで常温保存する場合の賞味期限は、2週間~1か月程度です。しかし、長く保存すると、おいしさが徐々に減ってきてしまいますので、早めに食べた方がいいですね。 また、食べる時は、食べる2~3時間前に冷蔵庫に入れて冷やすことで冷えすぎずにおいしくいただけますよ。
カットしたスイカの保存
カットしたスイカは、痛みが早くなってしまいます。先ほどご紹介したように、スイカを冷蔵庫で保存すると、甘みが減少してしまいますが、カットしたスイカを保存するのであれば、ラップでしっかりと包んで冷蔵庫で保存しましょう。 カットしたスイカの賞味期限は、2~3日程度です。しかし、乾燥したり、甘みが落ちたりしますから、早めに食べた方がいいですね。
冷凍保存
スイカを冷凍保存すると、味わいや歯ざわりが損なわれてしまいます。そのため、基本的には冷凍保存はおすすめできません。 しかし、スイカのまま食べるのではなく、スムージーやシャーベットなどのデザートとして食べるのであれば、冷凍することができます。長期保存も可能になりますから、カットしたけれど食べきれないという時におすすめですよ。 まずは食べない部分を除いて果肉だけにし、食べやすい大きさにカットします。その後、フリーザーバッグに入れて、お好みで砂糖をまぶして、空気をしっかりと抜いて冷凍保存しましょう。あるいは、フリーザーバッグに入れ、上から潰したものを平らにして冷凍保存してもいいですね。 食べる時は、そのままシャーベットとして頂きましょう。スイカを冷凍した場合の賞味期限は、1~2か月程度です。

キウイフルーツ

輸入物をあわせると、通年安定して出荷されているので、あまり季節感を感じさせない果実のひとつですが糖度の高い物やレッドキウイなど国内で作られている付加価値の高いものには旬があります。そう言ったものは秋から冬にかけて収穫されています。
いくつかそう言ったものの収穫時期をあげておきます。年により天候などで前後するので、参考としてみてください。
静岡のレインボーレッドキウイ 9月下旬から11月末頃まで
香川県の香緑 11月初旬から12月初旬
愛媛県のレッドキウイ 10月中旬から12月初旬
ゼスプリの国内栽培(愛媛県と佐賀県) 11月初旬から12月中旬
固くまだ熟していないものはそのまま室内に置いておき、追熟させます。急ぐ場合はバナナやリンゴなど、エチレンガスを出す果物と一緒に袋に入れておくと早く熟します。
食べ頃になった物は乾燥しないようビニールやポリの袋に入れるなどして冷蔵庫で保存します。早めに食べるようにしましょう。

四季折々の旬な野菜をご案内

ハウスみかん

ハウスみかんは、温州みかんの木をハウスで加温して開花を早め、果実の成熟をすすめて育てられたみかんです。
露地みかんは、秋から冬に収穫されますが、ハウス内を暖めて育てることで春から秋にかけて収穫できます。
成熟期に水分や肥料をギリギリまで抑えストレスをかけて育てることで、糖度のある美味しいみかんを栽培しています。また、真冬でもハウス内を24℃以上の暖かさに管理し、品質向上を図っています。
ハウスみかんの成分・効能
美肌効果や風邪予防などが期待できるビタミンCや、血管強化の効果があるビタミンP(ヘスペリジン)が多く含まれています。なお、ビタミンPは袋やすじに多く含まれます。袋やすじは真冬のみかんに比べて薄くて飲み込みやすく、植物繊維を手軽に摂取できます。また、オレンジ色の成分であるβ-クリプトキサンチンは粗しょう症予防や発がん抑制の作用があると言われている成分です。この他、風邪予防につながるシネフリンや疲労回復効果のあるクエン酸なども含まれます。
ハウスみかんの選び方
• 形が腰高のものは酸度が高く糖度が低い傾向にあり、
扁平な形のものは酸度が低く糖度が高い
傾向にあります
• 果皮が浮いて少しだけふっくらしてるもの、
ツヤ・ハリがあるもの
• ヘタが黄色がかった緑色でなるべく小さいもの
ハウスみかんの保存方法
• 10℃前後の常温で保存してください。食べる1~2時間前に冷蔵庫で冷やすのもおすすめです。

ソルダム

ソルダムは、日本すももの「大石早生(おおいしわせ)」という品種と、西洋すももとの交配でできた品種です。皮が緑色の状態でお店に並んでいることが多いですが、このときの実はまだ固く、酸味を感じやすい状態です。実が熟すと、皮の色も赤く変化していき、甘さが増していきます。
私個人的には、皮が黒紅色まで、熟させたのがこのみで、数ある果物ので最も美味しいと思われるフルーツです。

新生姜

サッパリした風味の新生姜
新しょうがの旬は6~8月。初夏に出回る。
みずみずしく、すじが少ない。辛みが穏やかで、甘酢漬けが有名。
植付けに使ったヒネショウガの上に新しく生成された部分が新しょうがで、茎のつけ根があざやかな紅色をしている。
常温での保存は、3~4日程度。湿らせた新聞紙に包むといい。
新生姜の料理は、パソコン等で調べると結構ありますので、それを参考にしてみてください。
また、皮が気になるばあいは、スプーンで軽く削いでください。簡単に剥けますから。

PAGE TOP