旬の青果物

季節毎の旬な果物をご案内

いちご

いま、最もアツいフルーツといえば、「いちご」だと思います。
「さがほのか」「紅ほっぺ」「いばらキッス」「きらび香」「紅い雫」「古都華(ことか)」、「熊紅(ゆうべに)」……。近年、日本各地でブランドいちごが続々と誕生し、熾烈な「いちごバトル」が続いている。
産地はたいへんですが、消費者にとっては、より良いものが食ことができて、喜ばしいことです。
生のまま食べるのなら、冷蔵庫に入れ、なるべく早く食べてください。イチゴミルクやソースなど加工して使う予定であれば冷凍保存できます。その際、イチゴに対して5%から10%の量の砂糖をまぶして砂糖がなじんでから冷凍する事をお勧めします。そうすれば解凍してそのまま食べても美味しいですよ。
なるべく早く使いたい食材ですが、保存はヘタを取らずそのまま乾燥しないようにラップをかぶせ、冷蔵庫で保存します。 水洗いをすると、水っぽくなったり、痛みかけのものはずるけたようになってしまいます。洗うのは使う又は食べる直前で、ヘタを取らずに洗い、最後にヘタを取るようにします。
いま、最もアツいフルーツといえば、「いちご」だと思います。
「さがほのか」「紅ほっぺ」「いばらキッス」「きらび香」「紅い雫」「古都華(ことか)」、「熊紅(ゆうべに)」……。近年、日本各地でブランドいちごが続々と誕生し、熾烈な「いちごバトル」が続いている。
産地はたいへんですが、消費者にとっては、より良いものが食ことができて、喜ばしいことです。
生のまま食べるのなら、冷蔵庫に入れ、なるべく早く食べてください。イチゴミルクやソースなど加工して使う予定であれば冷凍保存できます。その際、イチゴに対して5%から10%の量の砂糖をまぶして砂糖がなじんでから冷凍する事をお勧めします。そうすれば解凍してそのまま食べても美味しいですよ。
なるべく早く使いたい食材ですが、保存はヘタを取らずそのまま乾燥しないようにラップをかぶせ、冷蔵庫で保存します。 水洗いをすると、水っぽくなったり、痛みかけのものはずるけたようになってしまいます。洗うのは使う又は食べる直前で、ヘタを取らずに洗い、最後にヘタを取るようにします。
いま、最もアツいフルーツといえば、「いちご」だと思います。
「さがほのか」「紅ほっぺ」「いばらキッス」「きらび香」「紅い雫」「古都華(ことか)」、「熊紅(ゆうべに)」……。近年、日本各地でブランドいちごが続々と誕生し、熾烈な「いちごバトル」が続いている。
産地はたいへんですが、消費者にとっては、より良いものが食ことができて、喜ばしいことです。
生のまま食べるのなら、冷蔵庫に入れ、なるべく早く食べてください。イチゴミルクやソースなど加工して使う予定であれば冷凍保存できます。その際、イチゴに対して5%から10%の量の砂糖をまぶして砂糖がなじんでから冷凍する事をお勧めします。そうすれば解凍してそのまま食べても美味しいですよ。
なるべく早く使いたい食材ですが、保存はヘタを取らずそのまま乾燥しないようにラップをかぶせ、冷蔵庫で保存します。 水洗いをすると、水っぽくなったり、痛みかけのものはずるけたようになってしまいます。洗うのは使う又は食べる直前で、ヘタを取らずに洗い、最後にヘタを取るようにします。

キウイフルーツ

輸入物をあわせると、通年安定して出荷されているので、あまり季節感を感じさせない果実のひとつですが糖度の高い物やレッドキウイなど国内で作られている付加価値の高いものには旬があります。そう言ったものは秋から冬にかけて収穫されています。
いくつかそう言ったものの収穫時期をあげておきます。年により天候などで前後するので、参考としてみてください。
静岡のレインボーレッドキウイ 9月下旬から11月末頃まで
香川県の香緑 11月初旬から12月初旬
愛媛県のレッドキウイ 10月中旬から12月初旬
ゼスプリの国内栽培(愛媛県と佐賀県) 11月初旬から12月中旬
固くまだ熟していないものはそのまま室内に置いておき、追熟させます。急ぐ場合はバナナやリンゴなど、エチレンガスを出す果物と一緒に袋に入れておくと早く熟します。
食べ頃になった物は乾燥しないようビニールやポリの袋に入れるなどして冷蔵庫で保存します。早めに食べるようにしましょう。

四季折々の旬な野菜をご案内

紅まどんな

愛媛県のオリジナル品種「愛果28」、正式名称は「愛媛果試28号」といいます。「紅まどんな」は全農えひめの登録商標です。
この果実の特徴は何と言ってもそのゼリーのようなプルプル食感。柔らかい果肉に果汁たっぷり、酸味も少なく香りさわやかで、このような柑橘は、そうそうないとおもいます。
「紅まどんな」は外の皮が薄く、果肉にピッタリとくっいているのでオレンジのような櫛形にカットして、お召し上がりください。中の薄皮も薄く、そのまま食べても気になりません。
画像のようにスマイルカットにして食べてみてください。
出回り時期は、12月初めから12月20日ぐらいのほんの短い期間ですので、お店で見つけたら買ってみてください。
また、贈り物にも最適です。

ナガイモ

ナガイモの出回り時期は、冬場が最も多いです。
東北の方では、正月三が日を過ぎると、ナガイモをすって食べるところがあるようです。
三が日でご馳走を食べて疲れた胃腸をカバーしようとしているのでしょう。
また、滋養に富み、強精作用がある食材として知られています。
消化酵素のアミラーゼを多く含んでいて、アミラーゼは、糖質を効率よく分解する酵素です。
独特の粘り成分はムチンで、これは、胃の粘膜保護にもなり胃潰瘍を予防し、コレステロールを体外に排出して、高血脂症を予防する働きも知られている。
保存方法
芋の部分を丸ごと保存するときは、乾燥しないように新聞紙などに包み、風通しのよい冷暗所に保存する。切ったものは、切り口をラップなどで包み、冷蔵庫に保存する。

レンコン

レンコンの旬は11~2月。
おせち料理の時期に最も出荷量が増える。
秋口に収穫される「秋レンコン」は、やわらかくあっさりとした味わい。いっぽう冬物は粘りがでて、甘みが増す。
穴が小さくて薄茶色のものを選ぶと良い。茶色いシミのあるものは古く、白すぎるものは漂白されていることがあるため避けること。
レンコンには、豊富な食物繊維とビタミンC、ポリフェノールが多く含まれます。レンコンのポリフェノールは、食品の渋みやえぐみの素でもある「アク」と呼ばれ、空気に触れることで茶色く変わってしまう特徴があります。「アク」は栄養素であり、味わいでもある―-いわば“食材の個性”とも言えますね。
色や味にこだわるならアク抜きをして、栄養のためならアク抜きをしないことをお勧めします。また、収穫の時期にもよりますが、新鮮なものほど、アクは強くありません
アク抜きは簡単です。レンコン一節(約200g)に対し、水500ml・酢を小さじ1入れたものに5分程度さらします。なければレモン果汁でも代用できます。酢は、ムチンと組み合わさることで、シャキシャキとした歯ごたえがさらに増し、変色を防ぐ効果があります。ただ、アクの栄養分は水に溶けやすい性質があるので あまり時間を置かないように注意しましょう

PAGE TOP